• iPhone7sで家計簿をつける

    毎日の生活において、家計簿をつけることは重要です。


    出費を適切に把握することで、毎月の収入に対する支出の割合を算出して使いすぎかどうかを調べることが出来るのです。


    しかし、日々の出費を記録し、さらに項目ごとに分類して合計を出すという作業は大きな手間が掛かってしまいます。iPhone7sには、カメラ機能を使って、簡単に家計簿をつけることができるアプリがあるのです。

    評価の高いiphone7ついてはこちらのサイトでご確認ください。

    それが「Dr.Wallet」です。


    このアプリはレシートをiPhone7sのカメラ機能を使って撮影するだけで品目や金額をテキスト化し、自動で集計してくれるのです。

    目的に応じてYOMIURI ONLINEのいろいろな情報を集めました。

    レジで打ち出されたレシートだけでなく、電車に乗るときの切符や飲食店の手書きの領収書にも対応しているのです。


    毎月100枚のレシートを無料で集計できるため、このアプリを使えば簡単に家計簿を作成することができます。
    レシートを撮影したら、アプリに画像を登録します。
    すると、その画像がクラウドサーバに送られて解析されるのです。その結果、カレンダーに出費の合計が表示され、分類も自動的に行われています。
    もし分類が間違っていた場合は、手動で修正できるので問題ありません。
    家計簿として作成したデータは円グラフで確認することも可能です。
    食費や光熱費といった分類ごとに色分けされているため、その月にどのこうもこうで出費が多かったのかを一目で確認できます。



    手間が掛かる家計簿の作成も、iPhone7sを使えば簡単に行うことが出来るのです。