天然水をウォーターサーバーで

現在、各家庭では水道水が利用されています。一見透明に見える水道水にどれだけの物質が入っているか、ご存知の方は少なくないと思います。


最も有名なものは塩素です。

水を消毒するために塩素が入っていますが、日本では、塩素濃度の下限はあっても上限はありません。

そのためいわゆるカルキ臭がしたり、水がまずくなる原因になってしまっています。

最近では健康志向の高まりか、ウォーターサーバーを設置する家庭が増えてきました。

ウォーターサーバーは、天然水のようにカルシウム、マグネシウム、ナトリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。もちろん、水道水に含まれる塩素は入っていません。

ミネラルが豊富と言われると、硬度が高くお腹を下す、という印象を持たれる方もみえるかもしれませんが、適度な硬度になっており口当たりもとても滑らかで、日本人の口によく合います。

空気や水のおいしい地域で天然水を飲んだことって1度はあるかと思いますが、その時と同じ感覚です。

人間の身体は、成人で60%が水分でできています。



身体の半分以上を占める水を、塩素を含んだ水道水ではなく、ミネラル豊富な天然水を再現したウォーターサーバーの水で摂ることができたら、肌や身体の調子ももっとよくなると思いませんか。

ウォーターサーバーはレバーやボタンを押すだけで、いつでも冷たい水、熱いお湯を使ったり、飲むことができます。

ビジネスジャーナル情報に対応した情報サイトです。

熱いお湯が出るタイプのものはチャイルドロックのように、子供がやけどをしてしまわないように工夫がされていて、小さい子供がいる家庭でも安心して設置できます。


取り替えも簡単で、空容器も簡単に潰せる柔らかい素材になっていて扱いやすいです。



世の中たくさんのサプリメント、栄養食品があるけれど、まずは最もシンプルに水を考えてみませんか。